介護職員基礎研修の資格を取得しませんか?

介護職員基礎研修とは

  
  

現在、新しくホームページ作成中です。
  (現在開校中のコースは、「介護福祉士実務者研修」です。)
  詳しくは、お問合せ下さい。

介護職員基礎研修とは

求職者支援制度
「求職者支援訓練」とは、雇用保険を受給できない求職者の方などを対象に、全国の民間訓練施設が実施する公的な職業訓練であり、
このコースは厚生労働省の認定を受けています

職業訓練によるスキルアップを通じて、早期就職を目指すための制度です。

求職中の方のスキルアップ、就職が目的です。

『 職業訓練受講給付金 』対象コースです。

受講料は無料です。

介護福祉士のすぐ下の資格です。

国家資格   介護福祉士

上級レベル  介護職員基礎研修

中級レベル  訪問介護員養成研修1級課程(ホームヘルパー1級)

初級レベル  訪問介護員養成研修2級課程(ホームヘルパー2級)

2009年4月から訪問系では報酬加算の要件に介護職員基礎研修が加わりました。

介護職員基礎研修はどのような経緯で作られたのですか?

今後、ますます少子・高齢化が進展するとともに、認知症高齢者や一人暮らしの高齢者の増加が見込まれる中で、介護保険制度が老後の安心を支える仕組みとして安定的に運営されるよう、
介護の仕事に従事する人材を確保するとともに、介護サービスの質の確保・向上を図ることが重要な課題となっています。

介護サービスの質の向上を図る上で、介護職員の専門性を高めることが必要であることから、施設、住宅を問わず、介護職員として介護サービスに従事する職員の共通の研修として、
平成18年度に、「介護職員基礎研修」を創設しました。

介護職員基礎研修はどのようなことを目指していますか?

食事・入浴・排泄といった三大介護中心のケアから、在宅、施設いずれであっても地域における生活全体を支援するという視点のケアへの転換が必要であることから、
高齢者の尊厳を支えるケアを確立するうえでの専門職として必要な知識・技術を高め、介護サービスの質の向上を図ることを目的としています。

また、介護職員基礎研修修了者がその専門性を活かして働けるよう、平成21年度介護報酬改定において、介護報酬上の評価を行なうこととしました。

介護職員基礎研修のカリキュラムはどうなっていますか?

介護職員基礎研修は、講義・演習等を523時間、施設等における実習・体験を147時間の合計670時間の研修が必要です。

介護職員基礎研修を終了したら、どのような仕事ができますか?

介護老人福祉施設等の施設や訪問介護員(ホームヘルパー)等として働けます。

なお、介護職員基礎研修修了者は、訪問介護(ホームヘルパー)の任用資格として規定されています。

また、訪問介護事業所において、訪問介護計画の作成や訪問介護員に対する技術的な指導等を行なう「サービス提供責任者」になることができます。

介護職員基礎研修(670時間)を受けるためにはどうすればいいですか?

仕事をお探しの方が介護職員基礎研修を受けるには、主に雇用保険を受給できる方を対象とした「公共職業訓練」と、雇用保険を受給できない方を対象とした「求職者支援訓練」が用意されており、いずれも受講料無料(テキスト代等を除く。)で受けることができます。

また、訓練期間中の生活保障として、所定の要件を満たす方に対しては、『職業訓練受講給付金』が支給されるケースがあります。
詳しくは、最寄のハローワークへお尋ね下さい。

これらの訓練は、いずれもハローワークで受講申込みをします。

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional